メニュー

陰茎のブツブツ(真珠様陰茎小丘疹、フォアダイス、包皮腺)

陰茎(おちんちん)には、色々な種類のブツブツができます。その中で、はっきりとした病気と言えるのは尖圭コンジローマです。数mmから数cmくらいの鶏のトサカに似たイボが、陰茎、陰嚢、肛門周囲のどこにでもできます。一方で、これとよく似たブツブツに、真珠様陰茎小丘疹、フォアダイス、包皮腺があります。尖圭コンジローマと間違うことがありますが、どれも健康な人にも生じるもので特に治療の必要はありません。

 

陰茎にできるブツブツについて

大事なおちんちんにブツブツができるなんて、とても憂鬱なものです。何か病気をもらってくるような心当たりがあれば、なおさらです。

 

「性病なんじゃないか」

「このままでは、パートナーにうつるんではないか?」

 

と心配する気持ちはよくわかります。確かに、前はなかったはずなのに、おちんちんにブツブツが出来てきた、という場合、「尖圭コンジローマ」という、ウィルス性のイボの1種である可能性が高いと言えます。

尖圭コンジローマはこちら

 

ただしおちんちんには、「尖圭コンジローマ」以外にもよく似たブツブツができることが割とよくあります。”気づかなかったけどよく見てみたら気になってきたとか”  などのように、いつからあるかあまりはっきりしないブツブツは、「尖圭コンジローマ」ではない可能性も十分あります。このようなブツブツは健康な人にもあるもので、たいてい治療の必要がないものです。

今から「尖圭コンジローマではないブツブツ」について説明していきます。とはいえ、本当に「尖圭コンジローマではない」のかは、専門の泌尿器科医がみないとわからないこともあります。ちなみに専門家が見ればほぼ確実に「尖圭コンジローマではない」かどうかがわかりますが、まれに非常に区別がつきづらく、経過をみないとなんとも言えないこともあります。

 

真珠様陰茎小丘疹

「真珠様陰茎小丘疹」(しんじゅよういんけいしょうきゅうしん、Pearly Penile Papules)とは、真皮(人間の皮膚の表皮の下、いわゆる皮の部分)が線維化したものです。

亀頭のカリ首の一番引っかかる箇所をぐるっと1周するように、1㎜程度のちいさなプツが一定間隔に並んでいます。色は周りの皮膚と同じ色かやや白っぽいことが多いです。人によっては2列、多い場合は3列くらいの方もいらっしゃいます。

大人の男性の10人に2〜3人は「真珠様陰茎小丘疹」があると言われています。痒みや痛みなどは全くなく、包茎の方に多いとも言われています。性行為などで感染する性感染症ではないどころか、病気でさえありません。電気メスやレーザーメスによる手術、液体窒素による凍結などを奨めている医療機関もありますが、泌尿器科専門医の立場としての意見としては、まず必要ないと考えます。

 

フォアダイス(fordyce)

フォアダイスは、皮脂腺にから分泌された脂が、皮膚の下にたまって膨らんだものです。おちんちんにかぎらず、陰嚢(キンタマ)の皮膚や、唇などにもできることがあります。

上で説明した「真珠様陰茎小丘疹」はカリ首の部分に出来ますが、「フォアダイス」は主に竿の部分の皮にできます。周りの皮膚と同じような肌色〜薄茶色をしています。程度の軽いものを含めると大人の男性の10人のうち6〜7人にあると言われています。このように、「フォアダイス」も健康な方にもできるブツブツで、治療の必要はまずありません。

 

包皮腺

「包皮腺」(Tyson腺)も、正常組織で特に病気ではありません。フォアダイスは皮脂腺から分泌された脂が溜まったものですが、「包皮線」は皮脂腺(ひしせん)そのものです。上で説明した「フォアダイス」よりも白っぽい色をしていて、例えるなら潰れる前のニキビのようなプチっとしたブツです。裏スジ(包皮小帯;亀頭のカリ首の裏側の真ん中で筋状に突っ張っているもの)の横に、左右対称に1個ずつあることが多いです。

ニオイの原因となるなどと言って治療を奨める医療機関もありますが、個人的には全く必要ないと考えます。

 

おちんちんにできるブツブツの注意点

同じおちんちんにできるブツブツでも、痛みがあれば「性器ヘルペス」や「梅毒」など、他の病気の可能性もあります。「梅毒」では痛みがないこともありますが、ブツブツというよりもやや表面がジュクジュクした硬い皮疹ができます。一見してやばそうとわかる感じのことが多いです。

いっぽう、「尖圭コンジローマ」、「真珠様陰茎小丘疹」、「フォアダイス」、「包皮腺」のいずれも、痛みや痒みなどの症状はありません。ほぼ見た目が全てで、それでどれに該当するかを判断します。自分で自信のない方は、あれこれと悩まずに泌尿器科を受診しましょう。すぐに解決するはずです。

 

泌尿器科専門医 石村武志

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME