メニュー

性感染症(性病)について

性感染症とは、性行為によって感染する病気の総称です。性病と呼ばれることもありますが意味はほぼ同じです。

 

性感染症は、初期の自覚症状がないことも多いので、感染に気付かないことが多くあります。また多くの性感染症は性行為の際にコンドームを付けるなど、自身で防ぐことが出来ます。ただし、最近では「性行」以外の性行為、つまりオーラルセックスやキスなどで感染するケースも増えており、コンドームをつけていたからといって必ず防げるわけではないことも知っておく必要があります。

 

泌尿器科で担当する性感染症には主に下記の病気があります。

 

 

男性の性病の中でも尿をする時に痛みが出たり、尿道から膿が出る場合は、「淋菌性尿道炎」や「クラミジア性尿道炎」などの「尿道炎」の可能性が高いです。

 

また陰茎や陰嚢、その周囲に痛みやかゆみを伴う皮疹(ブツブツやただれなど)ができる場合は、「梅毒」「性器ヘルペス」、「尖圭コンジローマ」の可能性があります。それぞれの病気により、痛みもかゆみもあまりない場合、痛みが強い場合、かゆみが強い場合などがあります。また性感染症ではありませんが、「亀頭包皮炎」では、単なる炎症や一般細菌の感染で陰茎に痛みやかゆみを伴う皮疹(ブツブツやただれなど)ができます。また、特に皮疹ができていないのに、陰毛が生えているあたりが非常にかゆい時は「ケジラミ」の可能性があります。

 

性病ではないけど、性病を心配して受診される方が多いのが、陰茎の皮疹(ブツブツ)です。「真珠様陰茎小丘疹」、「フォアダイス」、「包皮腺」は、いずれも健康な男性にも認められる、特に病気ではない状態です。一般の方には「尖圭コンジローマ」と区別がつきにくく心配して泌尿器科を受診されますが、基本的に治療の必要はありません。

 

性感染症は、恥ずかしいからということで、他の疾患に比べて、受診されにくい疾患ですが、感染中の性行為によって、知らず他者に広めてしまうこともあります。遠慮せずに当院にご相談ください。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME