メニュー

検診で尿糖を指摘された

「尿糖が陽性」というのは、尿のなかの「ブドウ糖」の濃度が高いということを意味します。尿のなかの「ブドウ糖」の濃度が高いということは、血液中の「ブドウ糖」の濃度が高い、つまり血糖値が高く、「糖尿病」の可能性があります。

 

 

尿糖はどこから出る?

腎臓とは

「腎臓」は、体の中で背骨の左右に1つずつあり、大きさは握りこぶしくらいでソラマメに似た形をしています。「腎臓」は、尿をつくる臓器です。言い方を変えると、「腎臓」は体に溜まった血液中の老廃物や余分な水分や塩分を、尿として体の外へ出す働きを持っています。

「腎臓」の中でも尿を作っている中身の詰まった、いわば「実」の部分を「腎実質」と言います。「腎実質」には「毛細血管」、「糸球体(しきゅうたい)」、「尿細管(にょうさいかん)」という、細かい管がぎゅっと詰まっています。

糸球体とは

「腎臓」には非常にたくさんの血液が流れ込んでいます。そして血液は「腎臓」の中で「毛細血管」の中を流れて分かれていき、「糸球体」に入ります。1つの腎臓には100万個の糸球体があると言われています。「糸球体」の働きは、まず最初に血液から、”ざっくり”と老廃物や水分を抜き取る「フィルター装置」のようなものです。

老廃物や水分を抜き取られた血液は「糸球体」から出ていくいっぽう、「糸球体」で濾過された水分や老廃物は、「尿のもと」として「尿細管」に流れていきます。1日に150L以上の「尿のもと」が作られると言われます。この「尿のもと」の中にはもちろん老廃物も含まれますが、本当は必要だった水分やミネラルなども含まれてしまっています。「糸球体」は”ざっくり”とした濾過装置なのです。

 

尿細管とは

そこで「尿のもと」から不要な老廃物などをより分けて、本当に必要なものは血液の中に戻す装置が必要です。それが「尿細管」です。「尿のもと」が「尿細管」のなかを流れていく途中で、体にとって必要な栄養やミネラル、水分などが再吸収されてもういちど血液のなかに戻されます。

「尿細管」でミネラル、水分が再吸収されてだいぶ濃くなった「尿のもと」は、「尿細管」からやがて「集合管」へ流れていきます。「集合管」では、必要に応じてさらに必要に応じて水分が再吸収されて「尿のもと」は濃くなり、やがて最終的に「尿」となります。

「尿細管」や「集合管」で再吸収されるミネラルや水分の量は、ホルモンで微調整されており、体内の水分量やミネラル、酸性・アルカリ性のバランスが一定となるような仕組みになっています。

 

尿糖が陽性になる理由

尿中の「ブドウ糖」の濃度が高いと「尿糖が陽性」と判断されます。検診で行われる尿検査では、通常テステープという試験紙の微妙な色の違いで尿中の「ブドウ糖」の濃度を判定します。黄色い部分がほとんど変わらず黄色なら(-)、わずかに緑味を帯びたら(±)、以降段階的に緑の色が濃くなっていけば(+)、(++)、(+++)、(++++)、とプラスの数が多いほど、濃い「ブドウ糖」が出ているということになります。

ちなみに、朝食を食べる前の「血糖値」は、109mg/dLまでが正常、126mg/dL以上だと「糖尿病」と診断され、その間は「境界型」です。「血糖値」とは血液中の「ブドウ糖」の濃度のことです。食事をした後は、健康な人でも血糖値は126mg/dL以上となることもあります。ただし、健康な人では、食後に血糖値が上がると、すい臓から分泌されたインスリンが働くため、そこまで血糖値が高くなることはありません。食事をした後でも140mg/dL以上になると「境界型」、200mg/dLを超えると「糖尿病」となります。

さて、もともと「ブドウ糖」は人間の体にとって、非常に重要なエネルギー源です。しかし、「糸球体」で血液が濾過される時に、「ブドウ糖」は水分や老廃物と一緒に「尿のもと」に出てしまいます。このままでは、どんどんエネルギーを体外へ吐き出すこととなり困ります。そこで、「尿のもと」が「尿細管」を通るときに、ほとんどの「ブドウ糖」は体のなかに再吸収されます。

さて、健康な人の血糖値、つまり食後でも140mg/dL未満くらいだと、「尿のもと」の「ブドウ糖」はほとんど再吸収されます。すると、尿の「ブドウ糖」濃度は30mg/dL未満くらいとなります。ところが、血糖値が180mg/dLくらいになると、「尿細管」が「ブドウ糖」を再吸収する機能が限界となり、全ての「ブドウ糖」を回収しきれなくなります。すると、尿中のブドウ糖の濃度が30mg/dLよりも高くなり、「尿糖が陽性」になるわけです。

 

糖尿病とは

「糖尿病」は、すい臓から出る「インスリン」というホルモンが十分に働かず、血液中の「ブドウ糖」が増えすぎる、つまり「血糖値」が上がってしまう病気です。ちなみに、「ブドウ糖」は食事で摂取した炭水化物などが分解されて出来ます。全身の細胞に取り込まれてエネルギー源として利用される重要な物質です。本来なら上がりすぎないよう、下がりすぎないよう、「血糖値」が一定範囲に保たれるように調整されているのです。

遺伝的な体質や過食、運動不足、肥満、ストレス、加齢、などが原因で、すい臓から出る「インスリン」が減ったり、「インスリン」は足りていても働きが弱くなることで「糖尿病」は発症します。

ちなみに血糖値が高いと、場合によっては「尿が泡立つ」、「喉が渇く」、「夜中に何度もトイレに行く」などの症状が出ることがあります。

ところが、ほとんどの方は、血糖値が高いこと自体ではあまり症状がなく、気づかないうちに「糖尿病」になっています。日本全国で1000万人以上、つまり10人に1人が糖尿病と言われています。いわゆる「糖尿病予備軍」である「境界型」を含めると、日本全国で2000万人以上、つまり5人に1人の計算となります。実にありふれた病気なのです。

糖尿病が治療されずに何年間も放置されると、全身の血管が傷つきます。すると、「腎不全」で透析療法が必要になったり、「糖尿病性網膜症」で失明したり、「糖尿病性神経症」や「糖尿病性壊疽」などで足を切断するような事態になります。また「心臓病」、「脳卒中」などの合併症は直接命に関わる怖い合併症です。糖尿病と診断された場合、「食事療法」、「運動療法」、「内服薬」、「インスリン注射」などで血糖値を適切に保ち、これらを防きます。

このように、糖尿病は「とてもありふれた病気」で、「初期のうちはほとんど症状がない」のに関わらず、「人生の後半を台無しにする怖い合併症を起こす可能性が高い」病気です。だからこそ、検診の尿検査で「尿糖が陽性」と言われた時は、医療機関を受診することを勧められるのです。

 

糖尿病の精密検査って

ちなみに尿糖が(±)の場合、尿中の「ブドウ糖」濃度は50mg/dL、(+)の場合は100mg/dL、(++++)になると1000mg/dLです。尿糖の結果が(±)だとします。血糖値は180mg/dLくらいなので、もしも空腹時に尿検査をして(±)だと「糖尿病」の可能性があります。食事を食べた後なら、せいぜい「境界型」くらいかもしれませんし、まれに食事の量やストレスなどの影響で、健康な人でも(±)くらいになることはあります。

逆に、尿糖が陰性(-)であったとしても血糖値が160mg/dL以下だったということしかわかりません。もしも尿検査を空腹時に受けており、その時の血糖値が150mg/dLでも、尿糖は陰性(-)となる可能性は高いです。すなわち、尿糖が陰性だからといって、糖尿病ではないとは言い切れないのです。以上のようなことから、少なくとも尿糖が(±)で引っかかった場合、医療機関で精密検査を勧められます。

そして、医療機関では、①空腹時血糖、②ヘモグロビンA1c(HbA1c;1〜2ヶ月間の血糖値を表す)、③75gOGTT(空腹時とブドウ糖を摂取して1、2時間後の血糖値を測る)などの採血検査を行い、糖尿病かそうでないかを判断します。

 

糖尿病以外で尿糖が陽性になる場合

「糸球体」で血液が濾過される時に、「ブドウ糖」は水分や老廃物と一緒に「尿のもと」に出てしまいます。本来なら、この「尿のもと」が「尿細管」を通るときに、ほとんどの「ブドウ糖」は体のなかに再吸収されます。ところが遺伝的に「尿細管」が「ブドウ糖」を再吸収する働きが弱い方がいます。このような方では、「血糖値」は正常なのに尿中にブドウ糖がたくさん出るため、「尿糖が陽性」になります。「腎性糖尿」と呼ばれます。

また、食事の量やストレスなどで、一時的に「ブドウ糖」の再吸収が減り「尿糖が陽性」となることがあるとも言われています。

 

泌尿器科専門医 石村武志

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME