メニュー

自動精算機

「いしむら腎泌尿器科クリニック」では、診察が終了してからの医療費の支払いに自動精算機を利用します。診察の待ち時間は、私ができるだけ的確に迅速に診察を終わらせることで、解決しようと努力します。診察が終わった後の会計待ち時間もできるだけ減らしたいと強く思っています。そのために自動精算機の導入を決めました。

 

「いしむら腎泌尿器科クリニックは2022年10月3日開院です。開院当初からクレジットカード決済はご利用可能ですが、電子マネー、QRコード決済は2022年12月頃の運用開始となります。ご不便をおかけしますがよろしくお願いします。

 

 

 

会計待ち時間を減らしたい

自動精算機は、WEB予約、WEB問診と並んで、感染予防、待ち時間短縮のためには、非常に役に立つの機械のひとつです。

診察が終了したら、処方箋を受け取り、診察券を機械に読み取らせて自分で操作することで、会計が終わります。大きな病院などではすでに導入済みのところが多いと思います。

 

自分が医療機関を受診する立場での経験からも、診察の待ち時間が長くなるのは百歩譲って我慢できる気がします。

でも、やっと診察が済んだのに、会計でも同じくらい待たされると、今度は非常に時間が長く感じるものです。

そこで当院では、会計待ちの時間が少しでも減らせるように、との思いをこめて、自動精算機を導入することとしました。

 

 

使い方は簡単です、ご案内します

泌尿器科はご高齢の患者さまが多いことも予想されるので、「自動精算機の操作がわからない」という方もいらっしゃると思います。

心配はいりません。銀行やコンビニのATMでお金がおろせるなら、駅の券売機で切符が購入できるなら、自動精算機は十分使いこなせます。

アニメーション、音声 案内、光で操作の補助をするので、お釣りの取り忘れなどの心配もございません。

 

必要時にはいつでもお声がけ頂ければ、受付スタッ フがお支払い手順をしっかりとサポートいたします。

 

支払い手順 

1. 「精算開始」ボタンを押す

操作画面内の「精算開始」をタッチします。

多言語対応も可能です

 

2. 診察券のバーコードをかざす

写真で示した部分に、診察券のバーコードをかざし、読み取らせます。

 

 

3. 支払い方法の選択

支払い方法を選択して、画面をタッチします。

 

4. 現金での支払いの場合

現金を写真の部分から投入して、画面の「精算」をタッチします。

お釣り、領収書、明細を受け取り終了です。

 

 

 

5. クレジットカード、電子マネー、QR決済

本体に付いているカードリーダーにそれぞれ、クレジットカードまたはスマートフォンをかざして、読み取らせます。

お釣り、領収書、明細を受け取り終了です。

 

当院で使用可能なキャッシュレス決済

 

なお、当院の自動精算機は株式会社カワニシバクメドのテマサックproを使用しています。

 

 

 

いしむら腎泌尿器科クリニック 石村武志

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME