メニュー

尿道炎(淋病、クラミジア)

膀胱にたまった尿を体の外に出す通り道を、尿道と言います。尿道炎は、男性に多い病気で、排尿時痛の痛みや尿道から膿が出るなどの症状が出ます。原因は、淋菌やクラミジアなどの性行為でうつる細菌であることが多く、性感染症(性病)のひとつと言えます。抗菌薬の飲み薬、あるいは点滴で治療をします。

 

尿道炎とは

 尿は「腎臓」で作られ、「尿管」という細い管を通ってお腹の下まで流れていき「膀胱」にたまります。「膀胱」にたまった尿は「陰茎」の中を通っている「尿道」から体の外に出ます。「陰茎」の先端にある尿が出てくる出口を「外尿道口」と言います。

 

 「外尿道口」から入った細菌が「尿道」に感染を起こすことで「尿道炎」になります。尿をする時に、出口あるいは奥の方がしみるように痛んだり、尿をする時にむず痒いような「排尿時違和感」がでます。また、尿の出口である「外尿道口」から透明〜黄白色の膿が出て下着につくなこともあります。

 

 「尿道炎」の多くは、性行為でうつるいわゆる「性病」です。つまり性行為(オーラルセックスを含む)の時に、パートナーの陰部、喉、口の中などの粘膜に接触することで、そこについている「淋菌」や「クラミジア」などの細菌が「外尿道口」から入り込み感染するのです。

 男性の「尿道炎」で、よくあるのは性風俗店でもらってくることです。ただし最近では、特定あるいは非特定のパートナーからの感染も増えており、性風俗店を利用しない若い男性でもこの病気になることが増えています。これらの細菌はほとんど症状なくのどにも感染することがあるため、オーラルセックスでもうつることがあり、注意が必要です。

 かといって、「尿道炎」の全てが「性病」というわけではありません。あまり多くはありませんが、「外尿道口」周囲にあった大腸菌などの雑菌が原因で「尿道炎」となることもあります。

 いっぽう、女性は「尿道」が数cm程度と短く、細菌が感染するほどの長さがないため、「淋菌」や「クラミジア」が原因で「尿道炎」になることはほとんどありません。女性の場合は、「淋菌」や「クラミジア」は主に「膣」や「子宮頸管」などに感染をします。無症状のこともよくあるため、性行為(オーラルセックスを含む)の経験のある男女はだれでも感染している可能性がないとは言い切れません。

 

 「尿道炎」になった場合は、抗菌薬の飲み薬や点滴で治療をします。「淋菌」や「クラミジア」あるいは「大腸菌」などの一般細菌、など「尿道炎」の原因となる細菌の種類によって、効く抗菌薬の種類が違います。症状の具合や問診内容から、どの細菌が原因となっているかを判断して、もっとも効果の高い抗菌薬を選んで使用します。

 ただし、どの細菌が原因となっているか判断しづらい場合や、なかには「淋菌」や「クラミジア」の両方に感染している、ということもありますので、抗菌薬による治療をしながら、場合により細菌の種類を調べる「PCR検査」や「尿培養検査」などを提出して、その結果により治療薬を変更したりすることもあります。

 

尿道炎の症状

 ☑︎ 排尿時痛

 ☑︎ 排尿時違和感

 ☑︎ 外尿道口からの排膿

 

 「尿道炎」の症状としては「排尿時痛」があります。「排尿時痛」の感じ方は、排尿をした時に、尿の出口である「外尿道口」や、「尿道」自体、あるいは「肛門」と「陰嚢」(たまぶくろ)の間あたりの「会陰部」がしみるように痛んだり、なんとなくむず痒いような違和感を感じたりと、原因となる細菌の種類や人により様々です。また「外尿道口」から膿が出ることもあります。膿の色は透明で少量だったり、黄色っぽい白で量が多かったり、原因となる細菌の種類により様々です。

 一般的には、淋菌が原因で起こる「淋菌性尿道炎」は、感染の原因となるような性行為があってから症状が出るまでの期間は数日間と短く、「排尿時痛」は強めで膿の量も多く黄色っぽい色をしていることが多いです。ひどい時には「外尿道口」が赤くなりただれたようになり、熱が出ることもあります。

 

 いっぽう、クラミジアが原因でおこる「クラミジア性尿道炎」の場合は、感染の原因となるような性行為があってから症状が出るまでの期間は数週間から長い場合は週ヶ月経ってからのこともあり、「排尿時痛」は軽めで違和感程度のことが多く、膿も色は薄く白っぽく量も少ないことが多いです。「クラミジア性尿道炎」は人によっては全く症状が出ないこともあるくらいです。

 

また淋菌、クラミジアのいずれも、喉や目などにも感染して「咽頭炎」や「結膜炎」を起こすこともあります。

 

尿道炎の検査、診断

 「問診」で痛みの程度や、感染の原因となるような性行為があったかどうかをお聞きします。その後、必要な際には陰部の診察により、膿の色や量、あるいは「尿道炎」以外の性病を疑うような所見がないかどうかを調べます。ついで「尿検査」を行い、尿の中に膿が入っているかどうかを調べます。これらにより、「尿道炎」であることはほぼわかります。

 

 「淋菌」や「クラミジア」あるいは「大腸菌」などの一般細菌、など「尿道炎」の原因となる細菌の種類によって、効く抗菌薬の種類が違います。症状の具合や問診内容から、どの細菌が原因となっているかを判断することが治療方法を決める上で重要です。

 診察の結果からだけでは、どの細菌が原因となっているか判断しづらい場合もあります。また、なかには「淋菌」や「クラミジア」の両方に感染している、ということもあります。そこで、必要に応じて抗菌薬による治療をしながら、「淋菌」や「クラミジア」かどうかを調べる「PCR検査」や、「大腸菌」などの一般細菌を調べる「尿培養検査」などを提出します。

 ちなみに最近は、「PCR検査」を提出した尿検査の一部から調べることができます。「外尿道口」から「尿道」に綿棒をグリグリと突っ込んで行う検査は行わないのでご安心ください。

 

尿道炎の治療

 症状の具合や問診内容から、どの細菌が原因となっているかを判断し、もっとも効果の高い抗菌薬を選んで使用します。「尿道炎」の中でも最も多い「クラミジア性尿道炎」の場合は、飲み薬の抗菌薬が一番効きます。また「淋菌性尿道炎」は、点滴もしくは筋肉注射の抗菌薬が一番効きます。こちらは1回の治療で治ることが多いです。「大腸菌」などの一般細菌が原因となっている場合も飲み薬の抗菌薬で治療します。こちらは1週間程度の内服が必要です。

 ただし、これらの治療はあくまで初めてクリニックを受診した際の症状などから、細菌の種類を ”判断” つまり予想して始める治療です。時には、どの細菌が原因となっているか判断しづらい場合や、なかには「淋菌」や「クラミジア」の両方に感染している、ということもあります。

 そこで性行為によって感染した「尿道炎」の可能性が高そうな場合は、「尿検査」で提出してもらった尿を「PCR検査」に回し、「淋菌」と「クラミジア」の有無を調べます。また一般細菌のよる「尿道炎」の可能性が高そうな場合は、「尿培養」に回して、細菌の種類ともっとも効果のある抗菌薬を調べます。2度目以降に受診した際に、まだ「尿道炎」が治っていなかった場合は、これらの検査結果を頼りに、抗菌薬の種類を変えて治療を続けます。

 症状や「尿検査」から「尿道炎」が治ったと思われる場合は、そのまま経過をみるか、あるいは特定のパートナーがいる場合は本当に治ったかどうかの確認のために、数週間後にもう一度「PCR検査」を調べ、「淋菌」や「クラミジア」が陰性になったことを確認した方がより安心でしょう。特に「クラミジア」は最近薬が効かない場合も増えてきており、「PCR検査」を再検することで「陰性確認」をすることが重要です。

 

尿道炎の予防、注意点

 「淋菌」や「クラミジア」は性行為でうつる「性感染症」です。性行為(オーラルセックスを含む)の時に、「淋菌」や「クラミジア」などの細菌を持ったパートナーの粘膜に接触することで、「外尿道口」から細菌が入り込み感染するため、不特定のパートナーと性行為をする時はコンドームを装着することで感染を防げます。

 男性が「淋菌」や「クラミジア」をもらった場合、そのパートナーと今後も会う可能性がある場合は、少なくとも治療が終わるまでの間は性行為は控え、なおかつパートナーにも婦人科を受診してもらい、必要な場合は同時期に治療を受けてもらうようにしましょう。

 そうしないと自分だけが治療しても、お互いうつし合ってていつまでも治らないという状況になってしまいます。また女性の場合、「膣」や「子宮頸管」に感染をしていても症状があまり出ないこともあり、「骨盤腹膜炎」を起こして不妊症の原因となることもあります。説明が難しい場合もあるかもしれませんが、必ず正直に話しましょう。伝え方など相談に乗ります。

 

 また、「淋菌」あるいは「クラミジア」によく効くはずの抗菌薬を使って治療しても、時々なかなか治らないしつこい「尿道炎」があります。このような「難治性尿道炎」の原因は、「PCR検査」や「尿培養」では検出できない「マイコプラズマ」や「ウレアプラズマ」という細菌が原因のことが多いと言われています。

 現時点では「マイコプラズマ」や「ウレアプラズマ」の存在を調べるPCR検査は健康保険が適用されません。どうしても調べたい方は自費診療で検査を行うことは可能です。仮に原因となる細菌の種類が若田としても、色々な種類の抗菌薬を試す必要があり、治療が長引くことがあります。こうなると本当に厄介ですのでできるだけ感染しないようにすることが一番です。

 

泌尿器科専門医 石村武志

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME