メニュー

尿が泡立つ

「尿が泡立つのは、蛋白がおりているせいだと聞いた」と心配されて泌尿器科を受診される方は割と多いです。確かに慢性腎臓病などで尿蛋白が出ていると尿が泡立つことがあります。ただし、尿が泡立つ原因は、尿蛋白だけではありません。実は、単なる脱水状態なだけで、特に心配がないことが一番多かったりします。とはいえ、やはり尿の泡立ちに気づいたことがきっかけで病気が見つかることもあります。

 

目次

 

尿が泡立つ仕組み

最近では洋式トイレが普及したため、排尿した後に自分の尿をマジマジと見ることも減っているのかと思います。ただ、特に男性の場合は公衆トイレなどでは小便器が置いてあるところがほどとんどなので、尿の泡立ちに気づく方もいるようです。

「泡」といえば石鹸ですが、なぜ石鹸は泡が立つのでしょうか。これには石鹸の「界面活性作用」が関係しています。石鹸の入っていない水でも、ペットボトルなどに入れて振ると泡が出ますが、すぐに弾けて消えます。これは、水の表面張力が原因で、泡の壁となり薄く伸びた水が丸く小さくなろうとするからです。

 

石鹸を入れた水はどうでしょう。石鹸は、水になじみやすい「親水性」と、油になじみやすい「親油性」の2つの部分を持っています。すると油が水に溶けやすくなったり、水の表面張力が減ったりします。水の表面張力が減ると、泡が潰れにくくなる、というわけです。尿が泡立つというのは、尿の中に石鹸と同じような「界面活性作用」を有する物質が多くなっているということになります。

 

尿が泡立つ原因

尿が泡立つ原因として、特に有名なものとして「尿蛋白」があります。「蛋白」は「界面活性作用」有するため、尿中の濃度が高くなると泡立つのです。

また、尿が泡立つ原因として、単に「脱水などで尿が濃い」ことなどもあります。その他、「膀胱炎などで尿が濁っている」、肝臓が悪く黄疸がある時に出る「ビリルビン尿」、「大腸憩室炎」の悪化や「子宮癌」の放射線治療後などに生じる「膀胱腸瘻」などの場合も、腸管のガスやビリルビンが尿に混ざることで泡立ちが強くなります。

 

特に心配のない尿の泡立ち

尿が泡立つ、と心配されて受診された方のうち、単に「脱水で尿が濃い」ことが原因となっている場合は実は一番多かったりします。これは特に病気ではなく、正常な状態です。
腎臓はとても優秀な濾過装置です。体内の水分量を敏感に察知して、多すぎる場合は尿の量を多くし、少ないときは尿の量を減らします。仮に脱水傾向の場合は、尿の量が減らされた結果、尿中の「ウロビリノーゲン」という物質の濃度が濃くなります。「ウロビリノーゲン」は肝臓で作られた「胆汁」が、一部代謝されて尿に出てきたものです。この「ウロビリノーゲン」が「界面活性作用」を有するので脱水状態では尿が泡立ちます。

夜間眠っている間は水を飲まないので朝一は脱水傾向のことが多く尿が泡立つのです。また、ウロビリノーゲンは酸化するとウロビリンという物質に変化しますが、ウロビリンは黄色い色をしているので、朝一の尿の色は泡立つだけでなく色も濃くなります。

尿の色が濃いについてはこちら

病的な尿の泡立ち

蛋白尿が出ている(腎炎、ネフローゼなど)

「腎臓」は、血液を濾過して尿を作ることで、体に溜まった老廃物や余分な水分などを体外へ排出します。この働きを主に担当するのは、「腎臓」のなかに100万個あると言われる、「糸球体」という非常に小さなフィルター装置です。

血液中の「蛋白」は、体にとって必要なものです。通常は「糸球体」のフィルターを通過しないため、尿の中に出る「蛋白」はごく少量です。しかし、腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、高血圧性腎症(腎硬化症)などの病気があると、『糸球体」のフィルターの網目が壊れ、尿の中に蛋白が漏れて出てくるのです。これが、「蛋白尿」(たんぱくにょう)です。

「蛋白」も「界面活性作用」があるので、尿中の濃度が高くなると尿が泡立つ原因になります。

蛋白尿についてはこちら

 

糖尿病

「尿糖が陽性」というのは、尿中の「ブドウ糖」の濃度が高いということを意味します。「ブドウ糖」自体にはあまり「界面活性作用」と言われています。ただ、例えば尿糖が(++++)の場合、「ブドウ糖」の濃度は1000mg/dLつまり1Lに大さじ1杯のブドウ糖が入っている計算となります。かなり濃い「ブドウ糖」なので、泡立ちそうなイメージはあるのですが、これ自体で尿が泡立つのかどうか、私はあまりはっきり知りません。

ただし、一つだけ確かなことがあります。「尿糖が陽性」ということは「糖尿病」の可能性があります。「糖尿病」の罹患歴が長いと「糖尿病性腎症」を発症し「蛋白尿」が出ることがあるため、その際には尿は泡立つはずです。

尿糖についてはこちら

 

尿路感染症

「膀胱炎」や「急性腎盂腎炎」などの病気は、尿の通り道である「腎盂」や「膀胱」の粘膜に細菌が感染することで起こります。すると尿中に「白血球」が入り「膿尿」となるため尿が濁ります。細菌が入ることで尿中の「尿素窒素」を分解して「アンモニア」を作るため、尿の臭いが強くなったり、尿がアルカリ性に傾いたりします。また、細菌に感染した粘膜からは「蛋白」が滲み出るので、この影響で尿が泡立つことがあります。

尿の濁りについてはこちら

尿のにおいについてはこちら

膀胱炎についてはこちら

 

黄疸(おうだん)

「黄疸」(おうだん)を知っていますか?肝臓が悪くなると白目や手など、身体中が黄色っぽい色になる状態です。「黄疸」は、主に肝臓の病気や溶血性貧血などによって起こりますが、これは肝臓が作る胆汁の成分のうち、茶褐色〜緑色をした「ビリルビン」という蛋白質の色です。

肝臓が悪くて黄疸になると、「ビリルビン」が尿に混ざって出るようになるため、尿の色がオレンジ〜茶褐色のような色になります。この「ビリルビン」も「界面活性作用」が強く尿が泡立つ原因になります。

尿に色についてはこちら

 

膀胱腸瘻

大腸の一部に「憩室」という小部屋のようなものができる、「大腸憩室」という病気があります。「大腸憩室」に炎症が起こると「大腸憩室炎」といって、虫垂炎(俗にいう盲腸)のように腹痛などの症状が出ます。「大腸憩室炎」が重症になったり慢性化したりすると、時に隣り合った「膀胱」の壁に炎症が及びます。すると、膀胱と大腸の間に穴が空いて、お互いが通じています。これを「膀胱腸瘻」といいます。子宮がん治療などで骨盤に放射線(昔は”コバルト”と呼んでいました)を当てた場合なども、数年してからその合併症として「膀胱腸瘻」を形成することがあります。

「膀胱腸瘻」になると、腸の内容物が膀胱に入るため、尿に便が混ざることになります。便には「ビリルビン」や「ウロビリノーゲン」が含まれますので尿が泡立ちます。また腸管のガスが尿に混じるため、出した尿が泡立つというよりも、泡が入った尿が出る、という感じになります。

 

泌尿器科専門医 石村武志

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME