メニュー

尿が漏れる(尿失禁)

こんな病気の可能性があります。

 

 

尿漏れのタイプ

尿が漏れてしまうことを「尿失禁」といます。「尿失禁」の症状には、いくつかのタイプがあります。

 

咳をしたり、重いものを持ち上げようとしりして、おなかに力が入った時に漏れてしまうタイプを「腹圧性尿失禁」と言います。特に女性でもっとも多いとされるタイプの尿失禁です。

 

いっぽう、急に尿意をもよおして、トイレに急いで駆け込んでも間に合わずに出てしまうようなタイプを「切迫性尿失禁」といいます。これは男性でも女性でも特に高齢者ではよく起こります。

 

また、「腹圧性尿失禁」と「切迫性尿失禁」の両方が組み合わさったタイプもあります。このようなタイプを「混合性尿失禁」と言います。

 

「切迫性尿失禁」の原因となる病気としては「過活動膀胱」「前立腺肥大症」「神経因性膀胱」などがあります。また最近になり急に尿が漏れるようになった、というような場合は「膀胱炎」が原因となっている可能性があります。

 

尿漏れの原因① 腹圧性尿失禁

立ち上がろうと踏ん張ったり、咳やくしゃみをしたり、重いものを持ち上げようとしたりした時など、つまりおなかに力が入った時に尿が漏れてしまうタイプを「腹圧性尿失禁」といい、高齢の女性や出産経験のある女性にこのタイプが多いです。

 

膀胱や子宮を支えている「骨盤底筋」という筋肉の力が弱くなることで起こります。この「骨盤底筋」をリハビリで鍛える「骨盤底筋体操」という体操は非常に有名で、軽症の場合はこれだけで治ってしまうこともあります。重症の尿失禁の場合はこれだけでは良くならず、どうしても困っている場合は、手術で治療することもあります。

 

「腹圧性尿失禁」は、症状の名前であり、またそれ自体が病気の名前であるとも言えます。骨盤底筋群という筋肉が弱って起こる病気であり、同じく骨盤底筋群が弱って起こる「膀胱瘤」に合併することがあります。

もっと詳しく→腹圧性尿失禁についてはこちら

もっと詳しく→膀胱瘤についてはこちら

 

尿漏れの原因② 過活動膀胱

急に強い尿意をもよおして、トイレに急いでいこうとしても間に合わずに漏れてしまうタイプを「切迫性尿失禁」といいます。水の音を聞いたことがきっかけになったり、冷たい水を触る事がきっかけになる、という方もよくいます。このタイプは男性、女性ともに認められます。女性の場合「過活動膀胱」の症状の1つとして「切迫性尿失禁」が出ていることがほとんどです。

 

膀胱の壁を少し緩める薬を飲んで治療をします。尿意を感じた時に、膀胱が勝手に縮んで尿を押し出てしまうのを防ぎ、尿漏れが減ります。

もっと詳しく→過活動膀胱についてはこちら

 

尿漏れの原因③ 前立腺肥大症

急に強い尿意をもよおして、トイレに急いでいこうとしても間に合わずに漏れてしまうタイプを「切迫性尿失禁」といいます。女性だけでなく男性でもこのような症状でお困りの方は多いです。

 

男性で「切迫性尿失禁」が起こる原因の多くは「前立腺肥大症」です。「前立腺」は男性にしかない臓器で、クルミのような形をしており、尿道の一番奥、つまり膀胱の出口部分で尿道を取り囲むように存在します。

 

歳をとると誰でも多少は前立腺が大きくなりますが、その程度によって尿道が圧迫されて狭くなり、「頻尿」、「残尿感」、「排尿困難」、「尿意切迫感」、「尿失禁」などを引き起こします。

 

なかでも「尿失禁」の症状が強く出る場合には、膀胱の壁を少し緩めることで、尿意を感じた時に膀胱が勝手に縮んで尿を押し出てしまうのを防ぐような薬を飲んで治療をすることがあります。

もっと詳しく→前立腺肥大症についてはこちら

 

尿漏れの原因④ 神経因性膀胱

尿に関わる脳や神経のどこかに異常があると、①尿がたまっていてもたまっていることがわからなかったり、②たくさんたまっていても尿を出せなくなったり、③尿をためられなくなったり(ためる前に出てしまう)します。

 

この状態を「神経因性膀胱」と言います。「神経因性膀胱」の原因となるような、脳・神経の病気としては、脳梗塞、脳出血、アルツハイマー病、パーキンソン病、椎間板ヘルニア、腰椎圧迫骨折、脊椎管狭窄症、脊髄まひ、直腸癌手術、子宮癌手術、糖尿病などがあります。

 

①尿がたまっていてもたまっていることがわからなかったり、②たくさんたまっていても尿を出せなくなったり、する場合には、膀胱が尿でぱんぱんになってしまい、尿道からチビチビとあふれてくるように尿が漏れます。

 

③尿をためられなくなり、ためる前に出てしまう場合は、「過活動膀胱」と同じように間に合わなくて漏れることになります。それぞれ原因となる病気や、タイプにより治療薬が違います。

もっと詳しく→神経因性膀胱についてはこちら

 

尿漏れの原因⑤ 膀胱炎

膀胱は、下腹部の真ん中にあり、尿を溜めておく袋状の臓器です。大腸菌などの細菌が、尿の出口から尿道を通って「膀胱」の中に入り増えることで起こる病気が「膀胱炎」です。

 

典型的には、排尿の際の不快感や、排尿中や排尿後に尿道や下腹部が痛みが出ます。また尿の回数が多くなったり、残尿感、血尿が出たりします。

 

ご高齢の方など、たまに膀胱炎になっても痛みなどの症状が強く出ないことがあります。急に尿をしたくなっても間に合わなくて漏れるというような症状が、数日前の間に急に出てきた場合は、膀胱炎が原因の可能性があります。

もっと詳しく→膀胱炎についてはこちら

 

泌尿器科専門医 石村武志

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME